無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

モビットでも総量規制の対象になる?

以前から消費者金融を利用していた方からは、総量規制になってから思うようにキャッシングができなくなったという意見が聞かれます。
総量規制とは改正貸金業法によって定められたもので、キャッシングやカードローンの際は、借入金が年収の3分の1までという規制ができたのです。
この年収の3分の1という規制は一つの消費者金融からだけではなく、全ての金融機関からの借り入れ合計額が年収の3分の1以内に抑えなくてはならないというものです。
ただ、借り換えの場合は総量規制の対象外となっています。借り換えをするということは、利用者にとっては有益なものとなるからです。金利が高い業者から借りたお金を、金利が低い業者から借りたお金で全額返済するというシステムですから、総量規制の対象にはなりませんね。
高い金利を払い続けていては利用者の利益になりませんし、最終的に返済できないという事態にもなりかねません。そうなる前に手を打つことが大切です。少しでも金利が低い業者を見つけたら、積極的に借り換えすると良いでしょう。毎月の利息の差が大きくなくても、総合的に見たときには大きな差が出てくるでしょう。
しかし、モビットで通常の借入をする場合は、総量規制の対象となりますから注意が必要です。